Hello! -SUGORAKU- Pants
シーンやスタイリングを選ばないシンプルなテーパードシルエットで大人気のスゴラクパンツ。センタープレスできれいに見える、ウエストバックのゴムが楽ちんなど、人気のポイントはたくさんありますが、なんといっても最大の特徴は、その素材。縦横に伸びる生地はGLOBAL WORK史上No.1のストレッチ性で、動きが多いアクティブなシーンも長時間座りっぱなしの時も、ストレスフリーに過ごせるんです。生地からディテールまで、こだわりがぎゅっと詰まった “楽ときれいを叶える”スゴラクパンツの魅力を徹底解剖します!
WHAT’S? -SUGORAKU- Pants
高いストレッチ性で膝の曲げ伸ばしが楽ちん。立ったりしゃがんだり動きが多いアクティブな日も長時間座りっぱなしの日も、脚に馴染んで疲れにくく、快適に過ごせます。着用を続けても膝が出にくいので、きれいなシルエットもしっかりキープ。柔らかく動きやすいのに程よくハリのある生地で、薄めのカラーでも下着のラインを拾いません。
縦横に伸びる生地でどんな動きも快適に。縦方向にストレッチ糸が走る生地を横使いに裁断することで、通常のストレッチ生地よりも伸縮性がアップ!GLOBAL WORK史上No.1の動きやすさを実現しています。程よくマットな素材感はシーンや季節を問わず、夏でもサラリとした着心地で、真冬以外シーズンレスに活躍。おうち洗い可能なのも嬉しいポイント。
どんなスタイリングや体型にもハマる、9分丈のテーパードシルエット。ヒップから太ももにかけてはフィットしすぎず脚のラインをカバー、膝下はスッキリした作りに。股上は深すぎずスタンダードな穿き心地で、お腹まわりはすっきりしたノータック、バックはゴム仕様で楽ちん。XS〜XXLの6サイズ展開だから、誰でもぴったりの1本が見つかるはず。
縦横に伸びる高いストレッチ性のある生地で動きやすさ抜群、長時間穿いてもストレスフリー。シワの目立たないコットンライクなポリエステルは扱いやすさも◎。
後ろのウエストにゴムを搭載しているので、ストレスフリーな穿き心地。トップスをインしても程よくフィット、しゃがんだ時もウエストが落ちずにきれいにおさまります。
足首にかけて細くなるテーパードシルエットと、縦ラインを強調するセンタープレスが美脚効果もプラス。ヒールもフラットも合わせやすい9分丈はコーディネートを選びません。
フロントはノータックなので、お腹まわりはすっきりフラットに。高めのバッグポケットでヒップ位置が上がって見えるので、すっきり見えも叶います。
縦横に伸びる高いストレッチ性のある生地で動きやすさ抜群、長時間穿いてもストレスフリー。シワの目立たないコットンライクなポリエステルは扱いやすさも◎。
後ろのウエストにゴムを搭載しているので、ストレスフリーな穿き心地。トップスをインしても程よくフィット、しゃがんだ時もウエストが落ちずにきれいにおさまります。
足首にかけて細くなるテーパードシルエットと、縦ラインを強調するセンタープレスが美脚効果もプラス。ヒールもフラットも合わせやすい9分丈はコーディネートを選びません。
フロントはノータックなので、お腹まわりはすっきりフラットに。高めのバッグポケットでヒップ位置が上がって見えるので、足長効果も叶います。
COODINATE
ボリューミーな袖が甘い印象の白トップスは黒のパンツで引き締めて大人っぽく。ベーシックな色合わせはどんなシーンにも通用する、清潔感のあるスタイル。
好感度が高い淡いトーンのコーディネートは、センタープレスのパンツならスラッと見えて着膨れの不安もなし。小物も同系色でまとめて優しげな印象に。
スウェットスタイルがただのカジュアルで終わらないのは、パンツのきれいなシルエットのおかげ。薄めのカーキカラーで女っぽさも漂わせて。
コーディネートのアクセントになるピスタチオイエローは今季のトレンドカラー。ジレを重ねて縦長ラインを強調すれば、気になる部分を隠しながらスタイルアップ効果も。
小花柄がフェミニンなふんわりブラウスはウエストインでバランスよく。バッグとシューズを白でまとめて抜け感をプラスすれば、一気に洗練された印象に。
GLOBAL WORK史上No.1のストレッチ性を誇るスゴラクパンツ、その魅力の秘密をご紹介しました。
きちんと見せたい日も、カジュアルシーンも、どんな動きにも寄り添ってくれるスゴラクパンツ。
豊富なカラーやサイズ感をぜひチェックしてみて!
STAFF
Model: Mana Takase
Photographs: Masaki Sone(model) / Nobuyuki Kawai / Ayako Sakane(still)
Styling: Kumi Saito / Hair&Make-up: Tomoko Kawamura
Edit: Ryoko Sekishiro /Writing:Akiko Uno