Begin

 1月号掲載

THINK LOCAL ,MOVE GLOBAL. グローバルワークのグローカルなオシゴト vol37

モノ作りの視点はローカルに、展開はグローバルに。グローバルワークが実現する、ハイクオリティなのに超フレンドリープライスの"なぜ?"を彼らのオシゴトから探ります!

  • 写真/上野 淳(プルミエジュアン)
  • 文/押条良太(押条事務所)
  • スタイリング/近藤有倫  ヘアメイク/TOYO(Bello)
重信雄三

今月の
オシゴト人

グローバルワーク メンズ デザイナー
重信雄三さん

1980年、大阪府出身。アウターを担当。週3ペースでジムに通い、”筋肉番長”の異名を持つ。ブルゾンは冬場の通勤時に愛用中。

今月のグローカルなアイテム
エアサーマルシリーズ

“エアサーマル”は、中空繊維が暖かい空気を閉じ込めることで高い遮断効果を発揮する、ブランド独自のハイテク中綿。今シーズンは銀イオンを配合することで抗菌防臭機能が備わった。表地にはストレッチ性・撥水性・静電気軽減効果を持つ”ソロテックス”採用。

アップデートを繰り返して辿り着いたスマート防寒アウターの現在最高形

  • ¥13,090

    ブルゾン ¥13,090

    CHECK

こんなに薄くて軽いのに中綿入り!

これが中綿入り!?なすっきりシルエット! これが中綿入り!?なすっきりシルエット!

着膨れとは無縁のスマートシルエット。ミニマルなデザインゆえ、デニムやチノはもちろん、クリース入りのキレイめパンツとも相性抜群だ。

  • ブルゾン ¥13,090

    CHECK
  • カットソー ¥4,950

    CHECK
  • パンツ ¥5,390

    CHECK

スタイルアップブルゾン

2016年の登場以来、ブランドのナンバー1人気を誇る看板アウター。今季はフードのドローコードを内側に隠すなど、デザイン面もよりスマートな印象にアップデートした。6色展開。

モ コモコの中綿アウターは街中で着るには重いし、嵩張る……。とはいえ、暖かさには妥協したくない。そんなスタッフの想いをカタチにした“エアサーマル”シリーズは、例年真冬を待たずに売り切れるGWの断トツ人気No.1アウターなんです。まず“エアサーマル”をオサライすると、軽量性と保温性に優れた自社開発の合繊中綿。少量でも十分暖かいから、すっきりシルエットに仕上がるというわけ。この素材を使ってドレス工場で仕立てているから、中綿アウターには見えないくらいスマートでしょ? さらに今季は、部屋干しのイヤなニオイを抑えてくれる抗菌防臭機能を追加。もともと自宅の洗濯機で簡単に洗えるイージーケア性が魅力でしたが、より清潔感がUP!したのだからもはや向かうところ敵ナシ。その姿は、スマート防寒アウターの現在最高形といえるでしょう。

スタイルアップブルゾン

2016年の登場以来、ブランドのナンバー1人気を誇る看板アウター。今季はフードのドローコードを内側に隠すなど、デザイン面もよりスマートな印象にアップデートした。6色展開。

今っぽく着られるフライトJKタイプも!

今っぽく着られるフライトJKタイプも!

MA-1

今季の注目アウター、MA-1タイプがエアサーマルシリーズに仲間入り。アームのシガレットポケットが省略されていたり、着丈がやや長めに設定されていたりと現代的にアップデートされている。表地は撥水ナイロン。高級感あるブラックは合皮。

秋、冬、春と3シーズン着回せる

秋、冬、春と3シーズン着回せる

ライトシャツブルゾン

まるでシャツのように羽織れるブルゾン。軽くて薄手ながら、エアサーマルのおかげで保温性は十分。秋や春はアウターとして、真冬はインナーとして着回せる。ゆったりめのボックスシルエットも今っぽい。3色展開。

  • シャツブルゾン ¥6,490

    CHECK

レイヤード自在&着こなしが2倍愉しめる

レイヤード自在&着こなしが2倍愉しめる

ライトカーディガン

季節に応じてアウターにもインナーにもなるカーディガンタイプ。さらにナイロン生地×キルティング生地のリバーシブル仕様ゆえ、着こなしが2倍愉しめる。シャツやパーカなどレイヤードも自由自在だ。3色展開。

  • カーディガン ¥7,150

    CHECK