News

News

2022.4.15 Update

NEWS

2022.4.15 Update

Thanks Mother’s Day
ありがとうの気持ちを花束に込めて。

5月8日は母の日。今年も限定ギフトラッピングをご用意しました。
花束デザインのメッセージカードと一緒に、日頃の感謝を贈りませんか?

 

お花と言葉で、
お母さんへありがとうを。

いつもは感謝の気持ちをギフトで表現しているけど、そこにメッセージを添えてみるのはいかがでしょうか? 母の日限定のギフトラッピングでは、花束デザインのメッセージカードを2種類ご用意。4月15日(金)よりサービスを開始します。


表面にはピンクとブルーの花束デザインに。ピンクは「晴れやかな魅力、感謝、希望」の花言葉を持つ3種類の花が描かれ、ブルーは「清々しい美しさ、幸せがくる、清らかな心、信じ合う心」の4種類を描いています。

 


花束の裏面にはちょっとしたメッセージを添えられるデザインに。感謝の気持ちを直筆の言葉と一緒に伝えたら、心がきっと豊かになるはず。メールやメッセージアプリでは表現できない、ダイレクトな想いがそこにはあります。

花束、そしてメッセージ欄のデザインは、「特定非営利活動法人 子供地球基金」に寄せられたイラストを使用。売り上げの一部を寄付し、アートを通して世界中の子どもたちを支援する活動に役立てます。

■配布期間
全国のGLOBAL WORK 店舗
4月15日(金)~5月8日(日)
公式WEB STORE
4月15日(金)10:00~5月8日(日)23:59
※限定ラッピングは数量限定のためなくなり次第終了となります。

 

■公式WEBストア.st(ドットエスティ)ではギフトラッピングノベルティを配布。


公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」でお買い物をされるお客さまにも、ラッピングセットノベルティをご用意。お客さまご自身でラッピングをお楽しみいただけます。

・ラッピングセットノベルティに関して
ラッピングセットはサイズを2種類ご用意しております。
ギフトSS 縦14cm×横14cm×マチ5cm
ギフトS 縦35cm×横26cm×マチ10cm
のサイズに対応しております。
※厚みにより異なる場合もございますので、予めご了承ください。

当ラッピングセットにてラッピング可能商品がカートに入っている場合のみ、決済画面にてノベルティをお選び頂けます。
※1回のお会計で各サイズお1つまでのノベルティ配布となります。

・ラッピングノベルティ内容
1.ラッピング紙袋
2.ラッピング用シール
3.ラッピング方法の説明書
4.商品梱包用の透明袋
同梱されているラッピング用シールをラッピング袋へ貼り、お客様ご自身でラッピングをお楽しみ頂ける内容となっております。

公式WEBストア .st(ドットエスティ)でのギフトラッピングノベルティの配布はご好評につき、終了しました。たくさんのご利用ありがとうございました。


母の日におすすめのギフトアイテム。


フレンチリネンイージーケアシャツ ¥3,850
フレンチリネンイージーケアブラウス ¥3,850

これからの季節に涼しく快適なリネンのシャツは、夏に重宝するUVケア付き。後身頃の裾が長く、体型もカバーできるシルエット。チクチクしない滑らかな肌触りや、洗濯後にシワになりにくいところも魅力。豊富なカラーバリエーションもうれしいポイントです。

 


巾着付きペーパーバッグ ¥3,850
畳めるザツザイバケハ ¥2,750

初夏の着こなしに季節感を添えてくれるザツザイ素材のアイテムたち。カジュアルなスタイリングにはもちろん、ちょっとおめかししたキレイめな装いにもフィットする万能で贈りやすいアイテムです。帽子は折り畳みもできて持ち運びも簡単。夏の強い日差しをケアしてくれます。

 


イニシャルロゴA4トート/M ¥2,750
イニシャルロゴA4トート/L ¥2,970


イニシャルミラー ¥825
イニシャルイヤリング ¥1,320
イニシャルネックレス ¥1,650

特別な日のプレゼントには、お母さんのイニシャルにちなんだ雑貨やアクセサリーを贈るのはいかがでしょう? トートは見た目以上の容量が入り、サブバッグとしても重宝。ニュアンスカラーのミラーはちょっとしたお化粧直しにも最適です。アクセサリーは華奢ながら厚みがあって存在感抜群。いつものコーディネートに特別感を加えてくれます。

母の日ギフトラッピングにおすすめの商品はこちら


子供地球基金について


「Kids Helping Kids 子どもたちの絵で地球を塗り替えよう」

1988年創立以来、病気、戦争、災害などで心に傷を負った世界中の子どもたちへ画材や必要な物資の寄付を続けています。
子供地球基金は想像力豊かな子どもたちを育てる事を目的とし、子どもたちに表現する事の大切さを伝えています。
子供地球基金ホームページ