News

News

2020.7.8 Update

NEWS

2020.7.8 Update

二百年続く和紙の老舗『榛原(はいばら)』と初コラボ!ジャパニーズカルチャーシリーズ第四弾は “和紙”

グローバルワークでは、世界に誇る日本のさまざまなカルチャーや芸術に、より多くの方に触れていただきたいという想いから“GLOBAL WORK meets ジャパニーズカルチャー”と称して、マルチジャンルでのコラボレーションアイテムを1月より販売しています。
 
その第四弾は、「紙」としてだけでななく建具や着物等幅広く使用され、日本古来の伝統的な製法で作り続けられている「和紙」にフィーチャー。

この和紙業界で創業1806年から今日まで、時代に流されることなく変わらない品質で和紙を提供し続けている老舗『榛原(はいばら)』がグローバルワークのために和紙で用いられる柄を現代風にアレンジしたオリジナルデザインブラウスを展開しております。

「金魚」「鶴」「藤の花」など日本を感じる絵柄は
和紙ならではの風情あるデザインに仕上がっておりグローバルワークでしか手に入らない特別な一着です。

全国のグローバルワーク店舗と公式WEBストア.st(ドットエスティ)にて販売中です。どうぞお見逃しなく。

■ラインアップ(一部)

■コラボアイテム展開概要
販売店舗:全国のグローバルワーク店舗
※アウトレット店舗は除く。
公式WEBストア.st(ドットエスティ):http://www.dot-st.com/globalwork/
 


■榛原(はいばら)について
榛原(はいばら)は創業以来二百年間に渡り、東京日本橋を中心に和紙及び紙製品の販売を行って参りました。全国に残る良質の和紙を材料に、意匠を凝らした、金封、便箋、和小物を加工販売しております。中でも明治期にデザインされたオリジナルの千代紙を用いた小物類は、華やかなデザインと温かみのある色合いがご好評をいただいています。
WEBサイト:https://www.haibara.co.jp/

■さくら並木プロジェクトについて
平成23年3月11日。東日本大震災の影響による大津波が、美しい東北の地に甚大な被害をもたらしました。100年に1度は必ず東日本一帯にやってくるという地震と大津波。
”世代を超え、代々語り継ぎ、いのちを守りたい。”
平成23年11月、大津波の到着地点に桜を植樹したいという東北の方々の強い想いと、花に携わる有志によって立ち上がったプロジェクト。
WEBサイト:http://sakuranamiki.jpn.org