着回し度抜群、シンプルでどんなシチュエーションにも寄り添ってくれるのは
やっぱり“BASIC”なニットたち。ワードローブに揃えておきたいコーデをご紹介します。
小顔効果が叶う絶妙なネックの高さがポイントのハイネックニットにはチュールスカートの異素材合わせで変化をつけて。トーンを揃えればシックな印象です。
メンズライクなセットアップには、敢えて女らしい華奢さが際立つリブニットが好相性。より今季らしく仕上げるなら、トレンドのグリーンを選ぶのが正解。
どれもベーシックなアイテムなのに、ここまで華やかな印象なのは、顔なじみのいい絶妙な赤ニットのおかげ。足元にレオパードを効かせてフレンチシックに。
  • Knit ¥3,850 CHECK
  • Outer ¥11,550 CHECK
  • Pants ¥4,950 CHECK
  • Bag ¥3,190 Coming Soon
  • Shoes ¥3,190 CHECK
ちょっぴりアレンジを効かせたい日はレイヤードがおすすめ。ロングシャツ×ロングスカートのバランスは新鮮&オシャレ玄人にみえるので、是非参考に。
スモーキーなあいまいカラーはカジュアルでも洒落感抜群。優しげにみえるラベンダーはオフの日に最適。小物でピリッと黒を効かせるとうまくまとまります。
大人のガーリーが目を惹くワンピースはベージュニットをレイヤードして、あたたか&秋冬仕様に。足元のホワイトやバッグのイエローで抜け感を作ると◎!
ハイネック×シャツのレイヤードはまさにこの冬のトレンドど真ん中のスタイリング!ワントーンで揃えれば、重ね着初心者さんも簡単にうまくいきます。
「ピンクは好きだけど着られない…」という人にこそ薦めたい絶妙なスモーキーピンク。顔まわりに血色感が加わり美人度がUPします。黒を合わせて辛口に。
万能白タートルはオンオフ活躍してくれること間違いなし!パープルコーデュロイやスカーフなどアクセントを効かせれば、お出かけコーデの完成です。
シルエットが変われば、オシャレのコーデ幅はうんと広がる!“DESIGN”が豊富に揃う
GLOBAL WORKのニットならオンの日もオフの日も活躍してくれること間違いなしです。
スウェット素材だとラフになり過ぎることもあるパーカーも、ニット素材なら上品な印象に。足元のホワイトブーツや柄小物を効かせれば洒落感は抜群!
ぱっと目を惹くロゴニットは、大人のトラッドを意識してスタイリング。あえて優しい中間色を選ぶことで品よく仕上げます。足元はラフに外すのがポイント。
目線が高くなることで脚長効果抜群のショート丈ニットはレイヤードスタイルで安心。ウエスト周りを気にすることなくリッチなカジュアルが楽しめます。
本屋さんやカフェまでお散歩など、ご近所へのおでかけにはこんなリラックススタイルで。裾や袖口からボーダーをのぞかせるとより洒落て見えます。
ニットスタイルはマンネリしがち?いえいえ、コーディネートの主役を張れる、
一枚でサマになる“PATTERN”ニットがあれば大丈夫。この冬は柄コーデをたっぷり楽しんで!
ボーイズライクなコーデは色味をクリーンにまとめると可愛い!無難になりがちなTシャツ×カーディガンもチェック柄になるだけでこんなに新鮮♡
大胆なチェックは華やかで女らしい印象に。黒のワントーンで揃えつつ、タイトスカートを合わせればIラインが強調されてスタイルアップして見えます。
一日の気温差が大きいこの時期はニットベストが重宝します。ハンサムな変形チェックをカットソーに重ねてシンプルカジュアルにインパクトを加えて。
王道ボーダーはどこまでも爽やかにホワイトを中心にまとめて。カジュアルなイメージが強いボーダーだからこそタイトスカートで女らしく仕上げるのがGOOD。
アウターは要らない、でも一枚じゃ肌寒い…そんな日はニットONニットで。ワントーンにダイヤ柄ならシックに決まります。バッグで差し色をプラス!
柄ニットベストに慣れてきたら、ぜひ挑戦したいのがロングシャツとのレイヤード。気になる下半身を上手にカバーしながら、カラーパンツも楽しめます。
STAFF
Photo: Shinsuke Sato(Still)/ Ayako Sakane(Still)
Styling: Satomi Araki / Text: Ryoko Sekishiro
Related Contents