Follow

Journal

Journal

2019年4月5日 Update

Photo_
Susumu Moritaki(まきうらオフィス)

Styling_
Makiko Iwata

Hair & Make-up_
Makoto Saito(Lila)

Model_
Inori(Gunn’s)
Iruka(NLINE)
Risako Tanigawa(T-TRIBE)

Text_
Eri Umeda

for Women

エスパドリーユが主役の夏先取りスタイル。

夏の定番、グローバルワークのエスパドリーユは、屈曲性に優れた歩きやすいアウトソールが自慢。カジュアルからきれいめまで幅広いスタイルに相性が良く、素足にはくだけでこなれ感&女性らしさをアピールできる必須アイテム。今から取り入れて、夏を先取りしませんか?

2019年4月5日 Update

Photo_
Susumu Moritaki(まきうらオフィス)

Styling_
Makiko Iwata

Hair & Make-up_
Makoto Saito(Lila)

Model_
Inori(Gunn’s)
Iruka(NLINE)
Risako Tanigawa(T-TRIBE)

Text_
Eri Umeda

ブラウントーンに効かせたい
レオパ柄のアクセント。

ラフなニットトップスとフレアなスカートを、アーシーなブラウンでまとめたリゾートスタイル。ハズしで加えたレオパード柄も、ドライな生地感のエスパドリーユなら浮かずに程良いアクセント。取り外し可能なリボンを巻いて、レディな印象をアピール。

Shoes ¥2,700

CHECK

Knit ¥3,780

CHECK

Skirt ¥4,212

CHECK

カジュアルな雰囲気になじむ
ラフなスリッポンタイプ。

キャンバス素材を使ったスリッポン風のエスパドリーユが、カジュアルなジャンパースカートと好相性。リネンブラウスや生成りシューズの異素材が作るオールホワイトに、オープントゥのつま先見せで抜け感をプラス。

Shoes ¥2,700

CHECK

Blouse ¥3,780

CHECK

Jumper skirt ¥5,940

CHECK

Bag ¥2,700

CHECK

ロング&リーンを盛り上げる
夏らしい差し色使い。

ロングカーディガンとワイドパンツのずるぶかコーデを、ハイウエストでキリッと引き締め。これだけだとやや季節感にかけるため、ご機嫌なピンクのエスパドリーユサンダルで夏気分をUP。ヴィヴィッドなカラーリングながら、スウェード風素材を使用することでシックなスタイリングにも違和感なくハマります。

Shoes ¥2,700

CHECK

Cardigan ¥4,212

CHECK

T-shirt ¥2,700

CHECK

Pants ¥5,292

CHECK