Follow

Journal

Journal

2019年2月16日 Update

Photo_
Naoko Kumagai

Hair & Make-up_
Megumi Kato

Text_
Kozue Takenaka

for Kids

「IN THE HOUSE」ディレクターMASAH・今宿麻美夫婦に聞く子育てのこと、キッズ服のこと。

スタイリストのMASAHさんと、モデルの今宿麻美さん夫婦がディレクションするセレクトショップ「IN THE HOUSE(イン ザ ハウス)」。子供服からユニセックスで楽しめる大人服や雑貨など、ストリートファッション世代の夫婦がファミリーで楽しめるようなラインナップが人気を呼んでいます。今回、そんな話題のショップとグローバルワークのコラボレーションが実現し、素敵なアイテムが誕生しました!そのスペシャル記念にMASAHさんと今宿さん夫婦に、普段なかなか聞くことができない家族のこと、青馬くん(あおまくん、4歳)、丸生くん(まるおくん、1歳)の子育てついて根ほり葉ほり伺いました。

2019年2月16日 Update

Photo_
Naoko Kumagai

Hair & Make-up_
Megumi Kato

Text_
Kozue Takenaka

ー次男の丸生くんが産まれて一年が過ぎましたが、振り返ってみてどうですか?

今宿:ただただ早い!!日々一生懸命生活しているというひと言ですね。

MASAH:あーちゃんが青馬1人の子育てをしていたときよりさらにパワーアップしたなぁって思います。女の人って本当にすごいな、あーちゃんってすごいなって感心しています。

今宿:その点、パパはいろんな意味を込めて全然変わらないよね(笑)。

MASAH:いやいや、確かに(笑)。青馬が産まれて初めて子育ての大変さを知って、それで2人目を妊娠したとき、また仕事もセーブしなきゃいけないのかな、また子育てを一から始めるんだ、あーちゃん大丈夫かな……という不安がかなり大きかったんです。だけど、いざ丸生が産まれてみると、意外にもあーちゃんは受け入れるのが早かった!例えば僕がいない日に、2人を一緒にお風呂に入れなきゃいけない状況があったんですが、普通にあーちゃん1人ですんなりと入れてたんです。家族で出かけるときでも、ベビーカーをひいて大きなゴミ袋2つ持って玄関のドアを足で開けて出る。普通だったら“パパ、持ってよ”っていうところを1人でやる、男らしいさ、肝っ玉感がありますね!

今宿:なんだろう、これは性格なんでしょうかね、自分でやった方が早いかなって思ってしまうんです。あと、やらなきゃいけない状況ですからね、自分で。平日となるとパパの帰りも遅かったりするから、いかに早くご飯を食べさせ、お風呂に入らせて、寝かせるかを常に考えています。子供が優先で、自分はあと。子供が産まれる前はお風呂に入らなくていいやって思ったことは一度もなかったけど、今は入れなかったらしょうがないとさえ思うようになりました。

MASAH:そのおかげで僕はスノボ行ったりできているわけで……。

今宿:お互い1人になりたい時もありますからね。私もメンテナンスしたり、友達とご飯を食べたり、展示会に行ったり、家事をしたり。そういう時間があるからこそ、日々頑張れるのかな、とも思います。

MASAH:それにしても青馬と違って丸生はすごく泣いたし、すごく手がかかった。産まれたときや僕らが仕事で忙しいときに僕の母が青森から手伝いに来てくれたんですが、その母も参っていた。全然泣き止まないの、この子って言って(笑)

今宿:そうそう、周りのママからはよく2人目は楽だよって聞いてたけど、全然違うじゃん、大変じゃんって。青馬が今思えば楽な方だったのかなぁって思います。

ー青馬くん、丸生くんはお2人の目から見てどんなキャラクターですか?

MASAH:青馬は自分の生き写しなのかなって思います。

今宿:本当そう。

MASAH:しかも小さい頃の僕ではなく、今の僕に似ている。靴下を左右逆にはかせてしまい、急いでいたからそのままにしていると、はきなおすんです。しかもビシッと綺麗に(笑)。

今宿:保育園でも芝生で転んで少し汚れただけなのに着替えたいって先生に言うんです。遺伝といえば遺伝だけど、普段のパパをよく見ているんだなって思います。

MASAH:その点、丸生の方がやんちゃかな。どこでも勝手に行くし、砂も食べちゃうんじゃないかっていう勢い。

今宿:青馬は初めて公園に行ったとき、砂にさえ触れられなかったんです。

MASAH:そうそう、今年の正月も僕の実家青森に帰省したんですけど、雪で遊ばせようと思い、インスタ映えも狙って着るものも張り切って揃えたのに、いざ雪を投げてちょこんと顔にあたったら“イタイ……、お家に入りたい”って言ったんです。

今宿:家族一同“えー!?”って感じになりました(笑)。

ーお2人の子育てに対するルールはありますか?

MASAH:なんだろう、そこまではっきりしたものはないけれど、強いて言うなら子供たちの前で喧嘩はしないということですかね。

今宿:昔はけっこうしていたけど、今はもう2人っきりのときでもしなくなりましたね。軽い言い合いくらいで終わるし、子供の前ではやめようみたいな空気にもっていくといいますか。

MASAH:子供といるときの空気感には気を遣うようにしています。例えば、今だと実家に帰るとどうしても青馬より丸生の方に親戚一同いってしまう。そんな状況をやっぱり青馬は見ているんですよね。だから青馬にそういう想いをさせないように先手を打つんです。

今宿:気遣いすぎるのはよくないですけどね。自分たちも子供の頃、そういう状況にあったからこその対応なんですが。

MSASH:あとは、自分たちのエゴを押し付けないということでしょうか。

今宿:青馬はダンスが好きなんですが、それも勝手に自分で興味をもってやっているんですよね。アンパンマンもライダー系も、子供が興味を持ったものに対し、素直に受け入れようと思っています。それに対して干渉もしない。

MASAH:ほかの家庭はどうなんでしょうかね。夫婦で子供をインスタに出したりするなか、息子たちの服をすごくお洒落なアイテムだけで統一するわけでもないですし。ありのままを世間に出しているんです。子供たちにも好きなことすればいい、好きなものを見ればいいというのが今のルールといえばルールなのでしょうか。

ー普段のお子さんのファッションですが、どちらが選んでいるんですか?

MASAH:保育園着はあーちゃん、第3者に見られる場合は僕ですね。だって本業がスタイリストですからね。

今宿:保育園に行くときは汚れてもいい服って思っていたんですけど、あるとき、園の行事の記念写真を見て、パパになんでそんな格好にしたの?って問い詰められたんです。それからは行事のときには気にしてコーディネートするようになりました(笑)。

MASAH:お互い性格が真逆ですからね。僕は言ってもプロですから(笑)、ちょいちょい子供服のタンスを片付けて仕分けるんだけど、それも二日もすればぐちゃぐちゃですけどね。

今宿:そんなことないよー、まぁそうだけど(笑)。今までは親が選んだ服を着るというのが当たり前だったのですが、最近、青馬もファッションに対して興味を持ちはじめたのか、ピンクのズボンが欲しいって言ってきたんです。きっとTVとかで自分が気になる人がはいていたんでしょうね。

MASAH:え、そうなの!?それは嫌だな……。

今宿:さっき干渉しないって言ったじゃん。

MASAH:ファッションになるとそれは僕の目つきが変わってくるよね、そりゃあ。スタイリストとおしゃれ番長の家に産まれてきてしまった宿命だからさ。そこはパパの想いはきちんと青馬には伝えた方がいいかな。ただ、どうして?って言われたら答えづらい……。それはこれからの課題ですね。

今宿:しょうがない部分もありますよね、保育園でもみんな着てたりしたら欲しいって思うはず。でも、なんにせよ興味をもってくれたってことが嬉しい!

MASAH:なんでも決めつけず、色々と受け入れて自分を見つけてほしいな、と思います。

ー今回のコラボアイテムはどんなイメージをして考えたものですか?

MASAH:「IN THE HOUSE」はどこまで親が楽をできるかというテーマもあるんです。汚れても格好よくみえるもの=どれだけ親が楽するかという。だからアイテムとしては、Tシャツ、スウェット、パーカーといったものをメインに展開しています。ファッション感度が高い人たちが親になったら何を着せますか?という答えを反映した形ですかね。それで、いざグローバルワークのお客数にむけて響くものは何だろうと考えたときに、万人が受け入れてくれそうなアイテムにしようと思い、最終的にミリタリーというテーマにしました。色も見慣れたベーシックカラーに。

今宿:服作りの過程は細かい性格のパパにお任せしているんですが、出来上がったサンプルを見て格好いいな、新しい「IN THE HOUSE」が見れたなと思いました。

MASAH:ま、あーちゃんはさ、最後の最後にどお?って見せてOKをもらうという感じ、大御所的な立ち位置(笑)。でも、あーちゃんに着せたときに似合っていたから、これで正解だったんだなと自信がもてました。何よりもグローバルワークは服作りにとても慣れているからひと言でいうと安定感が違う、きっとそれは買って着てもらった人ならわかるかと思います。

ー子供に着せるならどんなコーディネートするのがオススメですか?

MASAH:保育園着としても、おでかけ着としても対応できるデザインだと思うのでシンプルに着てもらうのが一番ですね。

今宿:うちは2人とも男の子ですけど、女の子がボーイッシュな感じに着るのも可愛いですよね。

MASAH:ロゴって単体でも成り立つ存在感のあるデザインだと思っているんです。なので、まずは1枚、今持っているアイテムに取り入れてもらい、気に入ったらまた買って増やしていってもらえると嬉しいです。あ、あと親子のリンクコーデとか流行ってますよね。僕はちょっと苦手ですけど、するなら中途半端にじゃなく家族全員お揃いにしてほしい(笑)!

今宿:そんな家族いないでしょ……。私はリンクコーデ、できますけどね。異性だからかな。

MASAH:でもさ、家族でトータルバランスをとるっていう、まさにグループな感じにしても楽しそう。そんなスタイルをしてめちゃめちゃ笑っている家族、幸せそうですよね。

今宿:確かにそうかもね!

MASHA:お店に並んだところを見るとまた違って見えるんだろうなと思い、今から楽しみです。僕らも家族で見に行きたいなと思っています。

ITEMS

コラボアイテムのランナップはこちら。

MEN

Blouson ¥9,612 BUY

KIDS

Blouson ¥5,389 BUY

MEN

Shirt ¥7,452 BUY

KIDS

Shirt ¥4,309 BUY

MEN

Cut & Sewn ¥4,212 BUY

KIDS

Cut & Sewn ¥2,700 BUY

MEN

Pants ¥6,372 BUY

KIDS

Pants ¥3,780 BUY

MEN

Cap ¥3,132 BUY

KIDS

Cap ¥2,700 BUY

MEN

Backpack ¥5,292 BUY

KIDS

Backpack ¥4,309 BUY