週末スタイル改造計画
【ネルシャツ編】

「カッコいい」と女性から思われる男になりたい。そんな願望をグローバルワークのアイテムで叶える本企画。敏腕で知られる女性スタイリストとヘアメイクが、女性目線でリアルに好感を持たれるスタイルを指南します。

襟型の違うネルシャツで、
女子ウケするスタイルを実践!

高品質な糸を使用したソフトタッチ・フランネルシャツは、レギュラーカラーとバンドカラーの2タイプが揃う。今回は各々のよさを活かした着こなしに挑戦した。

会社員 栗田哲也さん(35歳)
webなどの制作会社勤務。普段はほぼジーンズを着用していて、合わせる服はモノトーンが多い。「ネルシャツは、10年以上着ていない」。二児の父。

STAFF

スタイリスト 川田真梨子
大人メンズファッション誌やカタログなどで手腕を振るう人気スタイリスト。カジュアルからビジネススタイルまで、マルチにこなせる対応力に定評がある。

ヘアメイク 越智めぐみ
これまで多くの雑誌やテレビ番組で様々な"スタイル改造"を披露してきたエキスパート。東京・表参道のヘアサロン「ガーデン アオヤマ」に所属。

─ネルシャツというと、アメカジのイメージが強いのですが、着こなすときの注意点はありますか?

川田 フランネルという素材は、温かみがある半面、カジュアル感が強い印象になるので、パンツや靴は、キレイめなものをチョイスしたほうがバランスがいいと思います。

越智 お次はヘアスタイル。毛量が多いと首が短く見えたりバランスが悪く見えるので、“軽さ”をテーマにカットします。襟足や耳回りはすっきりと清潔感を出しつつ、全体を“ユルフワ”に見せるのがポイントです。

─大切なのは、ほかのアイテムや髪型で綺麗な印象を盛り込むってことですかね?

川田 そうですね。あらゆるアイテムをワイルドなもので統一して硬派なアメカジというのもカッコいいかもしれませんが、女子ウケという意味では、バランスよく上品な要素が入っていたほうが、絶対いいですね。

越智 髪でユルボサな雰囲気を演出するのもありですけど、ネルシャツでそれをやると、ちょっとチープな印象になりかねません。

川田 今回は、襟型が2パターンあったので、各々印象をちょっと変えてみました。バンドカラーのほうは、それだけでちょっと上品なので、カーディガンとコーデュロイパンツで、優しい雰囲気を強調しています。レギュラーカラーのほうは、インナーをサーマルにしてアメカジテイストを出していますが、パンツはスラックスでキレイにまとめました。

越智 髪型も横に広い印象だったものを思いっきり梳いて、軽さを出しています。ネルシャツを"きちんと着ている"、そういう印象を意識しましたね。

─ネルシャツってワイルドよりも、綺麗に着こなせるほうが女性には好印象なんですね。

越智 たまに勘違いで小汚いイメージに見える人もいます。それはもうアウト!

川田 そこは気をつけてもらいたい(笑)。

[ヘアの改造ポイント]

軽さと清潔感を意識して首を長く見せる配慮を!
襟足と耳の周辺を、過剰にならない程度にすっきりと。トップも梳いて軽さを演出している。シャツを着た時に、首が詰まって見えないようにするのがポイント。

[スタイルサンプル]


キレイめな要素をプラスして
ネルシャツを上品に見せる

[スタイルサンプル]

キレイめな要素をプラスして
ネルシャツを上品に見せる

STYLE1

STYLE1

バンドカラーは首回りがすっきり見えて品もある。ニットカーディガンとコーデュロイパンツという優しい素材感のアイテムは好相性で、多用すれば知的な印象が増す。

STYLE2

STYLE2

王道のチェックのネルシャツに白サーマルを合わせるのはアメカジの常套手段。とはいえ、テーパードを効かせた美脚スラックスで清潔感を出せば、都会的に見える。

RECOMMEND

SHARE