Blintw Global Work transfer capsule collection blowing in the wind

About Blintw

「Blintw(ブリンツゥ)」はGLOBAL WORKが
新たにリリースする、
仕事やプライベートで
アクティブに自転車を活用する人々に
向けた新しいコレクション。
サイクリングシーンはもちろん、
自転車を降りた日常でも快適に着用できる、
機能的なウエアを提案します。
日常の喧騒を忘れ、自転車で颯爽と風を切る。
そんなシーンを「Blintw(ブリンツゥ)」と
共にお楽しみ下さい。

NAO YOSHIDA

RYOSUKE MIYAKE

MASASHI KOSUGI

The Story :
Life with Bicycle

ジョイフル、ファッショナブル、サステナブル。
今の気分にフィットする
多角的な魅力を備えた自転車が、
にわかに注目度を増している。
ここでは、三者三様の自転車ライフに
スポットを当てながら、
実際にBlintwを身に纏った感想を伺った。
きっとあなたのライフスタイルも、
Blintwがあればもっと豊かになるはず。

NAO YOSHIDA

BMXライダー

RYOSUKE MIYAKE

俳優

MASASHI KOSUGI

アートディレクター

着用
アイテム

NAO YOSHIDA

BMX RIDER

#1

ステージが変わっても揺るがない
少年時代からの“ファンライド”精神。

常人離れした回転技を何度も繰り出し、爽やかに笑う。まるで自らの手足のようにBMXを操る吉田さん。世界最高峰のパフォーマンス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の舞台にも立った彼の原点には、“ファンライド”の精神がある。

「思い返せば15年以上もBMXに乗っていますが、どんな時も楽しむという姿勢は変わりませんね。注目の集まるステージ上でも、ひとり気ままに乗る地元でも、基本スタンスは一緒。いい意味で、遊びの延長なんです」

2017年から約2年間経験した、アメリカ全土をめぐるツアー生活。その公演の合間にも、自転車は欠かせなかったという。

「オフの日はコーヒーショップに行ったり、美術館ヘ出かけたり。BMXがあればどこにでも行けて、どこでも遊べますから」

現在はコロナウィルスの影響でツアーがストップ。吉田さんは帰国を余儀なくされたが、自転車に乗る楽しみは変わらない。

「仲間と集まっても、結局はBMXに乗っているという。去年から新たに、アートとBMXを融合させた活動もスタートしました。BMXを使って、タイヤを筆がわりにして即興でアートを作っていく。実は僕、小さい頃は絵を描くのが好きな内気な少年だったんです(笑)。そんな僕を外の世界に連れ出してくれたのが自転車。今こうやってふたつの“好き”が繋がって同時に表現できるのは、とても幸せなことだと思っています」

アスリートであり、アーティストでもある。そんな吉田さんは、自転車に乗る際にどんなスタイルを心がけているのだろう。

「当然パフォーマンスは重視しますが、“見られる”立場を考えればファッション性も欠かせません。その点、Blintwのアイテムはすごく僕の好みに合いますね。特にこのJogger Pantsはめちゃめちゃ調子いい。足を高く上げるトリックも苦にならないし、スタイリッシュなデザインだから練習後にはこのまま街へ行ける。BMXライダーにとって非常にありがたい存在だと思うので、仲間にも教えたいですね!」

タイヤへの巻き込みも防ぐ、足捌きのいいスリット入り。

背面の襟元にはリフレクターがアクセントに。

COORDINATE ITEMS

  • Long Shirt

    4,950 tax in

    BUY
  • Long-sleeved T-shirt

    3,850 tax in

    BUY
  • Jogger Pants

    6,490 tax in

    BUY

Profile

吉田尚生 / BMXライダー
双子のBMXライダー吉田兄弟の弟。世界レベルのライダーとしての地位を確立する一方、劇団四季の小道具制作の仕事にも携わり2017年にはシルク・ドゥ・ソレイユに入団。近年では自転車のタイヤを用いて描く「RIDRAWING」という技法を生み出すなど、グラフィックアーティストとしても活動し個展を開催している。
Instagram @nao.yoshida

着用
アイテム

RYOSUKE MIYAKE

ACTOR

#2

自らの世界を広げる自転車。
その可能性を、さらにBlintwが広げる。

学生時代に目覚めたその“熱”は、上京して成人を過ぎ、俳優となった今も変わらず。三宅さんは、自身の“自転車愛”を示すエピソードとしてこんな話をしてくれた。

「高校生の頃、ママチャリの格好良さにハマって。学校の最寄り駅ではなく、あえて離れた駅前の駐輪所を友達と借りて毎日30~40分は乗っていました。自転車を走らせながらお互いの将来について話したり、行ったことのないところに寄ってみたり。子供ながらに、世界がどんどん広がっていく感じがして。とにかく楽しくて、うれしかったんですよね」

ママチャリから折りたたみ自転車に変われど、相棒との冒険は続く。都内を颯爽と走り、電車に乗る時は折りたたんで大きなバッグへ。時には自転車をクルマに乗せて、趣味の釣りをしながら自然を満喫する。さらにはプライベートシーンだけでなく、仕事へだって自転車で向かうこともあるそうだ。

「ただし、オーディションや打ち合わせなどではカジュアルすぎる格好は避けたい。かと言ってスーツで自転車を漕ぐのは難しい。だからBlintwのセットアップを知って感動しました! Tailored Jacketはテーラード的なしっかりした見た目なのに驚くほど涼しく、軽くて動きやすい。バックの裾にさり気なくリフレクターが付いたJogger Pantsは乗車中の安全が保たれるうえ、ウエストがドローコードだから窮屈さを感じません。どちらも撥水性がある素材で作られているので、急に雨が降ってきても安心なんですよね」

腕の可動域を広げてくれる
伸縮性と通気性を備えたベンチレーション。

Blintwを着て、オフの日はどこに自転車で行きたい? という質問には、

「今までの服装では敬遠していたようなレストランやイベントに行きたいですね!」

と目を輝かせながら答えてくれた三宅さん。今注目の若手俳優にとって自転車とは、自らの行動範囲を広げ、未知の世界をも切り開いてくれる大切な存在。そして新たなパートナーとしてBlintwの服を纏った時、自転車の持つ可能性は一層の深まりを見せるのだ。それこそ、ますます活躍の幅を広げる三宅さんの前途を象徴するかのように。

COORDINATE ITEMS

  • Tailored Jacket

    9,790 tax in

    BUY
  • Long-sleeved T-shirt

    3,850 tax in

    BUY
  • Jogger Pants

    6,490 tax in

    BUY

Profile

三宅亮輔 / 俳優
2015年『MEN’S NON-NO』専属モデルになる。2020年5月に卒業。2021年に公演した舞台『いまを生きる』ではチャーリー・ダルトン役を好演し、ジャンル問わず幅広く活躍する。現在、『レイクALSA』CMに出演中。
Instagram @ryosukemiyake

着用
アイテム

MASASHI KOSUGI

ART DIRECTOR

#3

機能とデザインを楽しむ自転車には、
才色兼備なギアが欠かせない。

綺麗に整えられた自宅のワークスペース。大きなデスクトップモニターの横には、スタイリッシュなクロスバイク「キャノンデール」の名機バッドボーイが置かれていた。

「だいぶ前に兄からもらったものですが、古いアメリカ製だからすごく重たいんですよ(笑)。でも、現行モデルにはないタフで武骨な雰囲気が気に入っていて、ずっと大切に乗り続けています」

そう語る小杉さんの手は、愛機のフレームやハンドルに取り付けられたポケットバッグに。聞けば、サイズにあったものを探し出しては自己流でカスタムを楽しんでいるという。

「自転車に乗る時はできるだけ荷物を持ちたくないんです。あくまで気ままに、身軽に。だからポケットを自転車に装着しています。もともとギアが好きなのでカスタムも楽しいですし。お気に入りのマグカップやバーナーを持っていけば、ちょっとしたサイクリングでもキャンプ気分を満喫できます」

ギア好きを証明するように、別室には溢れんばかりのキャンプグッズが。頼りになって、見た目がいい。才色兼備なギア選びの目線は、クローゼットにも踏襲される。

裾背面には夜間の走行時に便利なリフレクターをオン。

「自然と、服も機能性&デザインで選ぶようになりました。Blintwのアイテムは、まさに両方を備えている優れものだと思います。オールブラックが都会の街並みにも映えるHooded Blousonは、通気性が高いから自転車に乗った時に受ける風をさらに気持ちよく感じられます。Layered Pantsは、ショーツとタイツがドッキングしたような見た目がすごくユニーク。ストレッチが効いていてるから、走行中も非常に楽ですね」

近頃では、奥さんと一緒にサイクリングを楽しむことも増えたという小杉さん。夫婦でコミュニケーションをとりながら走らせる自転車ライフは、また違った魅力があると微笑む。そして、メンズながら女性でもすんなり着こなせそうなBlintwの服は、パートナーとのシェア使いも視野に入れている。

撥水加工が施されているので雨の日も安心。

COORDINATE ITEMS

  • Hooded Blouson

    9,790 tax in

    BUY
  • 3/4 Sleeved T-shirt

    3,850 tax in

    BUY
  • Layered Pants

    5,390 tax in

    BUY

Profile

小杉将史 / アートディレクター
アートディレクター・クリエイティブディレクターとして、企業やブランドのプロモーションを手掛ける一方、ライフスタイルブランド「THEHIGHLIGHT / ザハイライト」のディレクター兼デザイナーとして活動する。
Instagram @masashikosugi

LINE UP

AUGUST & SEPTEMBER

Tailored Jacket

快適性能とファッション性を備えたハイブリッドなジャケット。フロントには走行中も物が落ちにくいファスナーポケットを備え、内側には通気性の高いメッシュ素材を使用。

  • 9,790 tax in

    BUY

Jogger Pants

腰回りにドローコードを設けたイージー仕様で、高いストレッチ性と撥水性を装備する。可動域を広げる股下のパターンや裾幅を調整できるアジャストタブなど、細部にまでこだわりが。

  • 6,490 tax in

    BUY

Long Shirt

ゆったりとしたシルエットが特長の軽いロングシャツは、走行中もリラックスした気分で羽織れる。ハリのあるナイロン生地には撥水加工が施されるため、レインコート代わりにも。

  • 4,950 tax in

    BUY

Layered Pants

一体化したショーツとレギンスは、ともに伸縮性に優れたジャージー素材を採用。ウエストはドローコード付き。裾部分にはリフレクタープリントが施され、夜間の走行でも安心。

  • 5,390 tax in

    BUY

Long-sleeved T-shirt

ややボリュームのあるシルエットを、エッジの効いたグラフィックがクールに彩る。オリジナル開発の素材には吸水速乾やUVカット、遮熱効果など、走行中にうれしい機能が満載だ。

  • 3,850 tax in

    BUY

Hooded Blouson

ダブルのライダースのように斜めに走ったジップがアクセント。動きやすくパターニングされ、優れた機能性は脇のファスナーポケットやジップ引き手のリフレクターテープにも現れる。

  • 9,790 tax in

    BUY

3/4 Sleeved T-shirt

美しいシルエットを描くラグランスリーブは、腕の可動域を広げる実用的なポイントとしても機能。裾はリブ仕様で、フロントとバックにそれぞれリフレクタープリントを施す。

  • 3,850 tax in

    BUY

Slit Vest

重ね着が楽しいニットベストは、脇下を開けることで着脱の煩わしさを排除。襟や裾の周りにはボディと同系色のリフレクター糸を使用し、安全性とデザイン性を高めている。

Layered Knit

コットンポリエステル製のメッシュニットに、天竺素材のカットソーをレイヤード。程よい透け感を持った主役級のビジュアルは、軽さや通気性といった機能面でも貢献する。