25th
01

INTERVIEW

SPECIAL INTERVIEW with SHIORI SATO

佐藤栞里さんに聞く、 「私を笑顔にするもの」。

グローバルワーク25周年のアンバサダーを務める佐藤栞里さんは、見ているこちらも自然と口角があがるほどのニコニコ顔が魅力的。“笑顔”を全体の根本的なテーマにしているこのキャンペーンにはまさにうってつけの方と言えるのではないでしょうか。キービジュアルの撮影現場にお邪魔して、シューティング直後の佐藤さんにお洋服のことやお仕事のこと、周りを幸せな気持ちで包む笑顔のヒミツなどいろいろお伺いいしました。

みなさんに愛され続けているブランドの仲間になれたのは率直に嬉しい!

ー本日は撮影お疲れ様でした。終始楽しそうな表情が印象的でしたが、実際いかがでしたか?

アートディレクターの方から「心の底から出るような笑顔の表情を」というリクエストをいただいたので、日常の楽しいことや大好きなことを思い出しながらカメラの前に立ちました。自然な笑顔を引き出していただくために、スタッフのみなさんとゲームをしながら撮っていただいたのも素敵な思い出です。さすがに笑いすぎてしまったかもと、ちょっと反省しています(笑)。

ースタジオにいた人々にも笑顔がうつったような印象的な撮影でした。

本当ですか? 誰かの笑顔が誰かにつながる瞬間っていいですよね。例えば少しひんやりとした空間でも、この人が笑ってくれたら自然と自分も笑顔になる、うつっちゃうよね、という瞬間があると素敵だし、助けられるんです。私もそんな笑顔の発信源になれたら嬉しいです。

ー佐藤さんは撮られているときに「モデルの笑顔」というより、ご自身が本当に楽しそうな表情をされますよね。

このお仕事が大好きですし、共演者の方やスタッフさんなどまわりにいてくださる大好きな方たちのことが本当に大切で。ありがたいことに毎日笑顔になれる環境で過ごしているからこそ、自然と笑っているのかもしれません。お仕事のときはとくに楽しい!嬉しい!という気持ちが強いので、カメラの前ではつい笑顔になっちゃいますね。

ー普段から「なるべく笑顔でいよう!」など心がけていたりも?

無理をすることはないのですが、どんなときも笑顔でいられるような日常を自分で作り出すことは心がけているかもしれません。本当は青空の日が大好きでも、大切な日が雨になってしまったら。例えば雨の日にしかできない楽しいことを見つけられたら、笑顔になれるかもしれないですよね。そんな妄想をまじえながら、自分もまわりの方も笑顔になれる方法を日々模索しています。

ーさて、今回初めてアンバサダーとしてブランドのビジュアルにご登場いただくのですが、まずはこのお話を初めて聞いたときの感想を教えてください。

率直に、とてもうれしかったです。大好きなお洋服に関わるお仕事ができることはもちろん、たくさんの方に愛され続けて25周年を迎えるブランドの仲間として参加できるのはとても光栄で。プレッシャーはもちろんありますが、私もグローバルワークさんと一緒に成長していきたい! と背筋が伸びる思いでした。

ーグローバルワークというブランドに対してはどのような印象をお持ちでしたか?

無理をせず、自然と前を向けるようなイメージですね。どんなシーンにも溶け込みつつも自分らしさを表現できる。お店は清潔感があって、販売員の方の笑顔も印象的です。みなさんおおらかで優しそう!

服を見て、会いたい人や行きたい場所がパッと思い浮かぶ瞬間が好き。

ー今回は夏の新作をご着用いただきましたが、全体を通してアイテムの印象はいかがでしたか?

どれも着心地が良くて、とても軽やかなお洋服でした。私服で着たいものはもちろん、友人に似合いそうだなと思ったり、母に着てもらいたいと思ったり。自分だけではなく大切な人の顔も浮かぶ幅広いラインナップですね。

ー朝、その日のスタイルはどのように決めることが多いですか?

実はとーーーーーっても悩むタイプなんです。朝から雑誌を見て気分に合うコーディネートを探したり、参考にしている方のInstagramを見たり、ベランダに出て天気を確認したり。今日はどんなお仕事でどなたにお会いできるのかスケジュールを改めて確認したりと朝から大忙しです(笑)。

ーそんな朝のコーデ迷子の方向けに、ジャケット、パンツ、ブラウス、スカート、ワンピースの5種類をセットで展開する「カセットアップ」スタイルにもLOOKで挑戦していただきました。ご着用いただいたのはジャケットとパンツのセットアップスタイルでしたね。

以前まではかしこまってしまうイメージで手が伸びにくかったセットアップですが、着ている方を見ると素敵だなと感じるので、まさに取り入れてみたいアイテムだったんです。ヘアメイクでカジュアル感を出すのが私には合うかなと思います。

こちらが「カセットアップ」を使ったLOOK。
ジャケット ¥6,490Tシャツ ¥2,750パンツ ¥4,950バッグ ¥3,190スカーフ ¥2,090イヤリング ¥1,650シューズ ¥3,850
全てのLOOKはこちらから

ーリネンシャツや「美シルエット」でお馴染みのテーパードパンツなど、少しかっちりとしたスタイルもありました。

パッと見ではピシッと背筋が伸びるようなスタイルでも、柔らかく気持ちの良いリネンを使用されていたり、パンツのウエストが後ろだけゴムになっていたりと、ほっと一息つけるようなお洋服で嬉しかったです。パンツは多少お腹を引っ込めたり、歩幅を気にしながら動くべきかと思っていましたが、自由にポージングしてもきれいにはくことができました。

ーそうなんです。この夏、グローバルワークではUVケアや吸水速乾など機能面が充実したアイテムを数多くリリースするんです。ご着用いただいたボーダーのサマーニットは家庭洗濯が可能だったり。

機能面って大切ですよね。私自身、洗濯してもヨレにくいTシャツに出会えたら何枚もストックしちゃうんですよ。かしこまって着る緊張感のある服も良いけれど、家庭洗濯ができるなど、日常を一緒に過ごしてくれる気楽なお洋服って自然と出番が増えますよね。私の場合、好きな香りの柔軟剤を何種類かストックしておいて、気分やお洋服に合わせて変えることも楽しみのひとつです。

ー洋服選びで「楽しい!」と思う瞬間は?

これを着てあの場所に行きたい、あの人に会いたい!などさまざまな妄想が浮かんでくる瞬間は、とてつもなく楽しいです。

ー事前に欲しいものを考えておいて探しに行くスタイルか、一目惚れタイプか、お買い物傾向はどちらですか?

一目惚れが多いですね。好きなものって偏っていたりするので私の場合はサロペットやつなぎなどのやんちゃなアイテムについつい目が行ってしまって。人から見れば全部一緒に見えても、ちょっとしたデニムの濃淡やステッチの色、腰回りのサイズなど、自分にとってはひとつひとつ全然違うんですよね(笑)。

ーちょうど今回ルックで着用いただいたものもサロペットでしたね。

こちらリネン素材だったので、汗っかきな私にぴったりですね。肌への優しさも感じられるので、可愛さやおしゃれはもちろん、表面には見えない心遣いがうれしいです。カジュアルなところに、シルバーやゴールドの小物で少しエッジを効かせたり女性らしさもあるバランスにするのが好きです。

人との繋がりを大切にしたいという気持ちがどんどん強くなっている。

ーもうすぐモデルを始められて20年を迎えようとしています。最近ではテレビでもご活躍されてお忙しいと思いますが、モデルの仕事、タレントとの仕事の魅力をそれぞれ教えてください。

モデルのお仕事は、自分自身として写ってはいるのですが、普段の自分とは違うメイクやお洋服に身を包んでもらっていて、「あくまで主役はメイクとお洋服」と思いながらカメラの前に立っています。それをご覧いただいて「栞里ちゃんのメイクを取り入れてみたい、あの服も着てみたい」と読者の方が思ってくださったら最高に嬉しいですね。テレビの場合は佐藤栞里そのものとしてカメラの前に立つ分、モデルの仕事より緊張してしまう場面が多く、いつも汗だくで…。ただごくごくたまーに、あったりなかったりですが(笑)、私の言葉で誰かがクスッと笑ってくれたりすると、そのきっかけになれたことが幸せだなと感じます。

ーご自分のキャリアの中で、「ここが分岐点だったな」と思うタイミングってありますか?

今までたくさんありましたが、最初の分岐点は胸下まであったロングヘアをバッサリ切ってショートにしたことでしょうか。お洋服の幅も広がりましたし、撮影中のポージングも全部楽しくて、毎日がもっともっと前向きになりました。

ーお仕事を始めたばかりの頃と今とで大きく変わったところはありますか?

ありがたいことに本当に出会いに恵まれていて。お世話になっている方、喜んでいただきたいと思っている方、これからもずっと大切にしたい方が年々増えていくんです。みなさんとずっと一緒にお仕事していきたいからこそ、仕事に対する責任感はもちろん、人との繋がりを大切にしたいと思う意識が年々高まっていると感じます。

ーレギュラーで出演されている番組もたくさんありますし、素敵な出会いが多そうですね。印象的なエピソードなどありますか?

ある収録前に、スタジオの隅っこで緊張のあまり硬直していると、川田裕美さんがとびきりの笑顔で「緊張するよね!」って話しかけてくださったんです。初対面だというのに私の状況を読み取って、大先輩ですのに同じ立場であたたく声をかけていただいて…。頑張って心をこじ開けるのではなく、自然と相手の方に心を開いていただくような、そんな川田さんのような接し方ができたらなと思います。

ー今年7月に30代を迎えられますが、楽しみにしていることはありますか?

まわりの30代の方々が、「人生で今が一番楽しいよ!」とよくお話ししてくれます。私はすでに今も最高に楽しいのに、これ以上楽しくなったらどうなっちゃうのだろうと、とてもワクワクしています(笑)。これまで以上に挑戦の気持ちを大切に、この環境に感謝しながら進化する勇気を忘れずに過ごしていきたいです。

PROFILE

佐藤栞里

1990年7月27日生まれ、埼玉県出身。2001年よりモデルとしてデビューし、数多くの雑誌、CM、TVで活躍中。日本テレビ系『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』『ヒルナンデス!』『有吉の壁』TBSテレビ系『王様のブランチ』にレギュラー出演中。

Photo_ HIROTO GOZAOKA
Styling_ Mistue Ishigami
Hair & Make-up_ KAYUMI KAWAZOE (ilumini.inc)