Follow

2019 Autumn

らしさに出会う。BE NATIVE

「着る、遊ぶ、暮らす。
ここにあるのは、洋服だけじゃない。

さあ、365日の360度に、
あたらしいアイデアを。

あなたらしさを、もっと色濃く、
もっと立体的にしてくれる。」
というコンセプトを、
ひとつの“架空”の空間でそれぞれが
自分らしく過ごす様子を360度の視点で
ビジュアルとストーリーを
展開していきます。

Profile

  • 長塚健斗

    長塚健斗

    シンガー

    エクスペリメンタル・ソウルバンド「WONK」のボーカル。これまで国内の数々の大型フェスに出演を果たす他、ヨーロッパ、シンガポール、台湾などの海外公演を行う。ボーカリストとして冨田ラボやKing Gnu、KANDYTOWNのラッパーRyohuなどの作品にも参加。また都内ビストロで料理長を務めた経験も持ち、料理人として現在も活動している。

  • 中田みのり

    モデル・フォトグラファー

    1994年生まれ。栃木県出身。18歳よりモデル活動を始め、NYLON、Vogue Girl、Vogue Taiwanなど多くのファッション誌や広告で国内、国外と活躍中。2016年には自身初のスタイルブック「MINORI NAKADA PHOTO BOOK」(双葉社)を発売。同時にフォトグラファーとしても多くの撮影を行う。3回目の写真展を成功に収め、モデル・フォトグラファーとしてマルチに活躍中の”it Girl”.

  • ZiNEZ

    ZiNEZ

    フリースタイルバスケットボーラー

    08、09年に⾏われたフリースタイルバスケットボール⽇本⼀決定戦で、史上最年少記録となる18歳での優勝と、初の⽇本⼤会2連覇を成し遂げる。以来、様々な⼤会の優勝を総なめにし、今もなおその実⼒は健在。現在はパフォーマーとしての活動のみならず、世界中でワークショップやトーナメントを主催するなど、フリースタイルバスケットボール界のパイオニアとして世界中に影響を与え続けている。

  • 大社カリン

    モデル兼画家

    モデルとしてファッション誌や広告などに出演する傍ら、アーティストとし ても活動。2018年12月に開催した絵画個展では2日間で280名の来場者を記録。 独特な感性を生かしたライフスタイルが同性からの支持を集める。

  • 池田貴広

    池田貴広

    BMXライダー

    自転車を華麗に操る『BMXフリースタイル』のプロライダー。スピン技において4種目のギネス世界記録を保持。2016年には世界選手権で準優勝に輝いた。その後シルク・ドゥ・ソレイユのアーティストに抜擢され、世界ツアー公演"VOLTA"にも出演。現在は東京を拠点に世界大会やイベントでのパフォーマンスなど多岐に渡って活動中。世界へ挑戦し続けるアーティスト・アスリート。

  • 山代エンナ

    illustrator

    展示やライブペイントをはじめ、音楽関連、アパレル、広告等のイラストレーションを手掛ける。ジェイアール名古屋タカシマヤ「アムール・デュ・ショコラ」や、「audio-technica」広告イラスト、「STAR WARS DAY TOKYO」ライブペイント、音楽関連ではストレイテナー、tricot、感覚ピエロ、downy、等様々なミュージシャンのCDジャケットやアートワークを手掛ける。

  • 久保田祐司

    久保田祐司

    津軽三味線奏者

    7歳の時にテレビの演歌番組で初めて聴いた津軽三味線の音に衝撃を受け、演奏家の道を志す。同年に佐々木光儀流日本民謡三弦入門。14歳で津軽三味線全国会優勝歴を持ち、NYカーネギーホールなど国内外で様々なジャンルとのセッション経験を積む。“日本人にしか作ることのできないダンスミュージックを世界に”を追求し創作を続けている。

  • 樹 弥沙

    樹 弥沙

    盆栽家

    10代の頃より独学で盆栽を始め、盆栽による空間デザインの依頼がきっかけとなり、 本格的に盆栽の修行がしたいと考え、大阪の盆栽園『養庄園』にて、小品盆栽協会専務理事である、浦部達夫氏に師事。 手が出しにくい、難しい、といった盆栽に対する敷居の高いイメージを、より身近なものとして沢山の人に伝える為、空間デザイン、盆栽の卸、小売などを行うBONSAI盆凡。を立ち上げる。

  • GENDAI

    GENDAI

    アニメーションダンサー

    2010年に、テレビ東京DANCE@TVの企画「DANCE@HERO」を優勝し、2013年Los Angelesにある大会VIBE DANCE Competitionにて準優勝をする。新しいダンスユニット「NUMBERS」では、結成半年にしてNY ハーレムにあるAPOLLO THEATER Amature Night にて、4週連続優勝を果たし、日本人では12年ぶりの快挙となる年間チャンピオンに輝く。またCMやMVなど、メディアでも幅広く活躍。

  • komomo

    ダンサー

    2008年生まれ11歳の小学6年生。7歳の頃からダンスに興味を持ち始め、ヴォーグダンスに出会う。それ以来、数々のダンスバトルやショーに出演を重ね、ダンスを表現し続ける。両親と始めたInstagramでは、自身の好きな曲に自分でつけた振り付けや、自分の好きな写真やファッションをUP。フォロワー数は7000人を超え、フォトグラファーやスタイリスト、アーティストなどからの支持を集めている。