Check >

Follow

Journal

Journal

2019.1.25 Update

Photo_
Yuji Shimazaki

Text_
Naoyuki Ikura

for Men

NO COFFEE™とのコラボが再び!
FIRSTORDERも加わり、
パワーアップした全貌を仕掛け人が明かす。

昨年8月に発売した、福岡のコーヒーショップ「NO COFFEE™(ノーコーヒー)」とGLOBAL WORKによる初コラボレーション。双方のファンにとどまらず大きな反響を得た前回に続き、春夏アイテムを豊富にラインナップした第2弾が実現しました。さらに今回は「NO COFFEE™」との親交も深いクリエイティブチーム「FIRSTORDER(ファーストオーダー)」を迎えてのトリプルコラボ!プロジェクトのキーマンである3者が、ジョイントワークの背景や気になる新作の見どころをトークセッションします。

「NO COFFEE™」×GLOBAL WORK第1弾のスペシャルインタビューはこちら

2019.1.25 Update

Photo_
Yuji Shimazaki

Text_
Naoyuki Ikura

FIRSTORDER 代表
岡田考功さん
エンタメ系のデザイン会社や国内のアパレルメーカーでキャリアを積み、2016年にクリエイティブチーム「FIRSTORDER」を設立。音楽や芸能、スポーツ、ファッションを中心とする アートディレクターの他、企画やPR、キャスティング、ブランディング、プロモーションなどマルチに活躍。雑誌「OCEANS」や、ウェブマガジン「RiCE.press」にも連載を抱える。
www.firstorder.tokyo
@firstorder_
@yoshinorish

NO COFFEE™ オーナー
佐藤慎介さん
東京の玩具メーカー、アパレルメーカーでの勤務を経て独立。同時に福岡へと移住し、2015年末、博多の繁華街から少し離れた住宅街にコーヒーショップ「NO COFFEE™」をオープン。飲食店でありながら豊富にラインナップされるオリジナルアイテムもあり、SNSでの発信も手伝って感度の高いファッション好きから人気を集める。今や全国、海外からも注目を集める話題のお店。
https://nocoffee.net
@nocoffee_
@satosinsuke

GLOBAL WORK マーチャンダイザー
松本 強
マーケット分析やシーズンイメージ、MD戦略をもとにデザイナーと共同し商品企画を行う。お客様を笑顔にする“面白いこと”を日々考えているアイデアマンであり、前回の「NO COFFEE™」とのコラボレートに続いて、プロジェクト第2弾も指揮した仕掛け人。

大成功を収めた前回に続いて
第2弾はトリプルコラボへとパワーアップ!

松本:まず昨年8月に発売した「NO COFFEE™」との初コラボレーションでは、予想を遥かに超える反響をいただきました。なかでもGLOBAL WORK SHIBUYA店ではローンチイベントも催し、発売日には早朝から行列ができるほどでした。

佐藤:発売当日は僕自身もショップに立たせていただきましたが、多くのお客様にご来店いただき、皆さんの笑顔がとても印象的でした。

松本:これまでGLOBAL WORKを利用されていなかった新規のお客様も多く、併せて既存のお客様にも面白がっていただけたようです。幅広い層に受け入れられ、とても良いプロジェクトになりました。

佐藤:GLOBAL WORKとのコラボを入口にして「NO COFFEE™」の存在を知っていただいた方も大勢いらっしゃったし、それがキッカケとなって福岡の店まで足を運んでくださったお客様もいらっしゃいました。あと、以前から要望の多かったキッズのウェアを初めて販売することができ、とても喜んでいただけたことは大きかったですね。

松本:確かにキッズのウェアは特にご好評をいただいた実感があります。既存のお客様からも喜びの声が多く、SNSでもコラボアイテムを着用しているお子様の写真がたくさんポストされていました。

佐藤:昨年の秋に大阪のセレクトショップで開催したポップアップイベントにも、コラボアイテムで親子リンクされている方を何組も見掛けました。嬉しくなって思わず声を掛けちゃいました(笑)。

松本:そうした大成功とお客様からのリクエストを受け、今回の第2弾へとつながりました。

佐藤:本当に良かったです。第1弾の結果が芳しくなければ次はなかったでしょうし、「NO COFFEE™」だけではなくGLOBAL WORKとしても手応えを得られた証しだと思うので。

松本:しかも一段とパワーアップして、「FIRSTORDER」を迎えてのトリプルコラボです。前回のローンチイベントをGLOBAL WORK SHIBUYA店で開催した時に岡田さんもご来場くださり、佐藤さんからご紹介いただいたのが始まりでしたよね。機会があったら一緒に何かやりたいですね、という話で盛り上がり、さっそく第2弾に加わっていただきました。

岡田:佐藤とは長年の付き合いがあり、実はアパレルメーカーに勤めていた前職の同僚なんです。さらに、そもそもの出会いを辿ると、彼が玩具メーカーで働いていた前々職の頃まで遡ります。当時は僕も別の仕事をしており、取引先として知り合ったのが最初でした。初めて会った日に、お互いが同じブランドの洋服を着ていたことからファッション談義で意気投合して、その後お酒を飲みに行ったり、共通の趣味であったバスケットボールを一緒にするようになったり。

佐藤:かれこれ15年来の仲間ですが、まぁ、腐れ縁ですね(笑)。

岡田:しかも同い歳。もっと言うと身長もほぼ同じ(笑)。

松本:そうしたお二人とも独立され、それぞれが「NO COFFEE™」と「FIRSTORDER」を立ち上げられた今も親交が続いているのが素敵です。

佐藤:「NO COFFEE™」ではオープン1年目から年1度のペースで「FIRSTORDER」とのコラボを続け、これまで3度のコラボを行ってきました。

岡田:僕らのコラボは商品はもちろん、その発信まで含めて楽しんでいただきたい。そうした考えから、毎回、ファッション的にも影響力のある女性にモデルをお願いしています。

佐藤:1年目は、福岡出身のグラフィックアーティストであるKYNE(キネ)さんを迎えたトリプルコラボだったのですが、その時は元「SUPER☆GiRLS」でモデルの荒井 レイラさんを起用しました。2年目は「モーニング娘。」を卒業後、現在は歌手や女優としてご活躍の高橋 愛さん。3年目となる昨年は女優ののんさんにモデルを務めていただき、発売日には行列もできました。

岡田:Yahoo!ニュースのトップ、LINE NEWSをはじめ、エンタメやファッションサイトを中心に多くのメディアに取り上げていただき、そこからバズって発売前から大きな話題になりました。「FIRSTORDER」はエンターテインメント分野の仕事も多く、つながりもあるので、その強みを活かしています。

佐藤:ウチはコーヒーショップ、しかも地方都市の町外れにある1店舗だけの小さな個店です。Yahoo!のトップに掲載されるなんてことは、普通なら到底ありえない。そうした面白い企みも「FIRSTORDER」とタッグを組むことで実現でき、そこも含めて楽しんでいます。

3度目のコラボレーションとなった2018年の「NO COFFEE™」×「FIRSTORDER」のルックより。2016年の荒井 レイラさん、2017年の高橋 愛さんに続き、昨年は女優ののんさんをモデルに起用。大きな反響を呼び、発売当日は福岡の店に長蛇の列が。

細部までこだわりの息づくアイテムは
GLOBAL WORKとのタッグだからこそ。

岡田:コラボのデザインは2人で話し合い、実際にカタチにする作業は自分が行っています。「NO COFFEE™」のロゴはファンに認知されているので、そのイメージを壊さない範囲でウチの世界観も表現できればと思っています。それが「FIRSTORDER」のロゴに使用しているスターマークを取り入れ、双方のアイコンを掛け合わせたグラフィックです。

佐藤:ただ、これまでの「NO COFFEE™」×「FIRSTORDER」のコラボは、既製のTシャツやスウェットといったベースボディを使い、そこにプリントを刷る手法でした。やはりコーヒーショップのオリジナルグッズという領域なので、ボディから作り込むのは難しい。

岡田:しかし、ファッションブランドであるGLOBAL WORKと組むことで、僕らだけでは不可能な踏み込んだモノ作りができるのは非常に魅力的です。

松本:世の中のトレンドや気分をキャッチし、お客様の声に耳を傾けながら、それらをフィードバックして商品化しています。そうしてボディや素材を含め、イチからオリジナルで作り上げているのはGLOBAL WORKの強みでもあります。

佐藤:あくまで僕の個人的な感覚ですが、Tシャツやスウェット、パーカくらいならコーヒーショップのオリジナルグッズとしてOKだけど、シャツやボトムスまで手掛けるとアパレルブランドの立ち位置になってしまう。ですから、そうしたアイテムには手を出してこなかったし、GLOBAL WORKと一緒だからこそ可能な提案なので、とてもありがたいですね。

岡田:「FIRSTORDER」としても、これまでファッションブランドとのコラボは何度か実績はありますが、GLOBAL WORKのように日本全国にショップを構え、幅広いお客様に受け入れられているブランドとの取り組みは初めてです。

松本:第1弾に続き、今回も洋服から小物までバラエティに富んだ充実のアイテムを発売します。なかでも「FIRSTORDER」も参加するトリプルコラボとしては、Tシャツ、ボタンダウンシャツ、そしてスウェットパンツの3型。改めて、それぞれの商品のポイントを教えてください。

岡田:先ほども申し上げたとおり、GLOBAL WORKと一緒にモノ作りができる強みを存分に活かし、過去の「NO COFFEE™」×「FIRSTORDER」では叶えられなかったアイテムや技法を積極的に取り入れました。

佐藤:なので、これまでの僕らのコラボアイテムより手が込んでいますし、その分、コストも掛かっています(笑)。

岡田:Tシャツには、カメラのストロボなどに反射するリフレクタープリントを採用しました。さりげなくギミックが効いていて、シンプルだけど適度に主張するデザインになっています。

松本:リフレクタープリントは第1弾でも人気の的でした。ピカッと光ってSNSでも映えますし、たくさんのお客様がポストされていましたね。

佐藤:第1弾と同じ技法を取り入れることで、前回から続いているシリーズとしてのまとまり感も表現できたと思います。

岡田:シャツでは、「NO COFFEE™」のロゴを侵食するように「FIRSTORDER」のアイコンであるスターマークを配しています。この手法は自分でも非常に気に入っており、別のコラボでも大好評を得てきた「FIRSTORDER」の十八番ともいえるグラフィック表現です。

佐藤:2017年のウチとのコラボでも、このグラフィックをプリントしたTシャツを発売していますが、シャツでは初登場になります。

岡田:自分たちだけのコラボでは今後も含めてシャツまで製作することはできないと思うので、このチャンスを逃さないよう、最も好きなデザインを使わせていただきました。

松本:バックの右裾には、「NO COFFEE™」の店舗の入口にも刻まれているイニシャルの nとcで表現されたマグカップのモチーフ、そして「FIRSTORDER」のスターマークという双方のアイコンをワンポイントで施してある。控えめですが、ここも見どころですよね。

岡田:しかもプリントではなく、刺繍なのがこだわり。僕らだけのコラボでは刺繍もトライしづらい技法ですから。

佐藤:あとシャツはGLOBAL WORKとの第1弾のコラボでも発売したのですが、特に人気が高く、早々に完売したと聞きました。ただ一番大きなものでもLサイズまでしか展開がなく、僕の体格には小さかった。そこで今回はXLサイズまで作っていただきました。

岡田:実際、過去の僕らのコラボでもXLサイズの需要は多いですね。

松本:おっしゃるとおり、前回はお客様からもXLサイズの要望が多かったのは事実です。その反省を活かして今回はバッチリと揃えました。

佐藤:スウェットパンツに関してはGLOBAL WORKからご提案をいただいて。

松本:佐藤さんと岡田さんが穿いていそうなボトムスを作りたくて、ウチから提案させていただきました。

岡田:ゆっくりとコーヒーを楽しむような、リラックスしたシーンに似合う一本に仕上がりましたね。

松本:素材も普通のスウェット地ではなく、機能スウェットのようなハイテク感のあるタイプを選定しました。

岡田:Tシャツと同じく、こちらもスターマークにはリフレクタープリントを使っています。

佐藤:過去を振り返ってもボトムスを発売するのは初めて。シャツと同じく、自分たちでは製作できないアイテムですし、GLOBAL WORKとのコラボならでは。こちらも好意的な反応をいただけそうですよね。

これまで以上の魅力にあふれた
いっそうスペシャルなコレクション。

松本:「FIRSTORDER」と GLOBAL WORKが手を組むのは初めてですが、今回のトリプルコラボへの思いはありますか?

岡田:我々は日頃から様々なクリエイションを行っていますが、特定のファンや読者に向けたもの、どちらかというとニッチなターゲットをメインとする仕事が多い。ですが、今回のコラボはファッションが好きな方、ひいては洋服を着る方、つまりはすべての人に訴え掛けられるプロジェクトでもあります。不特定多数に発信するという点ではTVCMを手掛ける時の感覚にも近いものはありますが、実際にモノとしてカタチになり、それがオンラインショップだけでなく、全国の実店舗にも並ぶというのは、いつもとは違った勝負ができて面白みを感じます。貴重な経験ですし、純粋に嬉しいですね。

佐藤:僕らが発売してきた過去3度のコラボは、「NO COFFEE™」や「FIRSTORDER」の存在を知っているお客様に対しての発信だと思います。ですが、GLOBAL WORKで発売するということは、そもそも「NO COFFEE™」も「FIRSTORDER」も知らない方々の目に触れることになる。いい緊張感があるし、ワクワクします。

松本:GLOBAL WORKとしては新しいお客様を迎えたい、新しい提案をできればという気持ちで取り組んでいるプロジェクトです。そして次なる新しい可能性も秘めたコラボになっていると思います。

岡田:僕たち2者のコラボでも、大変ありがたいことに行列ができたり、ネットニュースで大きく取り上げられた実績もあるので、GLOBAL WORKにも多少の話題を提供できれば嬉しいです。

佐藤:前回の「NO COFFEE™」× GLOBAL WORKに「FIRSTORDER」という新風が吹き込み、改めて面白がっていただけたら嬉しいですね。恒例となっている「NO COFFEE™」×「FIRSTORDER」のコラボからスピンオフし、いっそうスペシャルなプロダクトを楽しめるコレクションになったと思います。

岡田:「NO COFFEE™」×「FIRSTORDER」のコラボは春先の年1回だけなので、今回のタイミングはイレギュラー。その意表を突いた感じも面白がっていただけたら。1月25日の発売日には僕もGLOBAL WORK SHIBUYA店に立たせていただくので、個人的にはそれも楽しみです。

佐藤:毎回「NO COFFEE™」×「FIRSTORDER」の発売日には福岡の店頭まで来てくれるけど、コーヒーを淹れられるわけもなければ、レジを打てるわけでもなく、ただ喋っているだけ。正直いつも邪魔ですけどね(笑)。

松本:今回の発売日には、是非とも接客もしていただきたいですね。

岡田:お役に立てるかわかりませんが、がんばります!

松本:本日は、ありがとうございました。